作業者

トイレ水漏れが発覚したらすぐ業者に依頼|トラブル放置は危険

原因物への対処

修理業者

今回はつまりの原因物への対処法を紹介していきます。トイレつまりの場合は、シンプルな解決法しかありません。それは、ラバーカップと呼ばれる器具を使って、原因物を配管からくみ取ります。ラバーカップとは、お椀型のゴムが棒の先端についた器具です。使い方としては、適量の推移になったトイレに、ゴムを当てて水圧を変えて戻すという方法です。コツとしては、徐々に力を入れて水圧をかけて、そのまま引っこ抜くというものです。排水つまりについては、科学的なものと、物理的なものとに分かれます。科学的なものとしては、堆積物が有機物の場合は苛性ソーダなどをいれて、水をいれると有機物が溶けだして問題解消できます。物理的な方法としては、業者に依頼しないとできない方法と、自分でできるものとに分かれます。業者に依頼しないとできないものは、高圧の水流で配管内の堆積物を吹き飛ばすというものです。この器具は、とても水圧が強いので、取扱いに注意しないといけません。自分でできる方法としては、ワイヤーとブラシをくっつけたような器具があるので、それを使った方法です。しかし、無理に作業をしようとすることは危険です。余計に被害を拡大させ、修理が出来ずに交換しなくてはならない、という場合もあります。それを防ぐためにも、トイレのトラブルが発生したら、すぐに専門業者に相談すると確実です。安全に、最小限の修理で解決してもらうことができます。

トイレに次いで家族全員が使う場所が洗面台や浴室です。この場合は、予想通りでしょうが詰まりの原因は髪の毛になります。髪の毛は丈夫なものなので、熱湯で流しても大量の水でながしても、そのまま配管の中にいすわってしまいます。従って、一旦詰まると配管のダメージを覚悟で、苛性ソーダをはじめとした科学的な物質で溶かす必要があります。このようなトラブルでも、トイレのときと同じように専門業者に依頼して解決してもらうことができます。迅速かつ丁寧に作業してもらうことができるので、自分で作業するよりも安心です。トイレや浴室、水回りなどのトラブルが発生したら、専門業者の力を借りて解決してもらいましょう。